コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

借(り)家 カリイエ

10件 の用語解説(借(り)家の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かり‐いえ〔‐いへ〕【借(り)家】

借家(しゃくや)」に同じ。

かり‐や【借(り)家/借(り)屋】

借りた家。しゃくや。

しゃく‐や【借家/借屋】

[名](スル)家を他人から借りること。また、借りた家。しゃっか。「転勤先で―する」「―住まい」

しゃっ‐か〔シヤク‐〕【借家】

しゃくや(借家)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

借家

他人の所有する家屋を賃料を支払って借りること、あるいはこのようにして借りた他人の家屋のこと。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

借家

賃貸住宅の事で、賃貸を目的とする住宅をいう。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゃくや【借家】

建物を賃料を支払って貸借することをいい,〈しゃっか〉とも読む。借家関係を規律する法律として借家法(〈しゃっかほう〉とも〈しゃくやほう〉とも読む。1921公布)があったが1991年に借地借家法に統合された。民法は,借家を,借地,小作などといっしょに賃貸借として規定したが(民法601~622条),その後賃借人の保護の必要が唱えられ,1921年借地法と並んで借家法が制定され,41年,66年の改正を経たあと,91年に借地法と統合され,借地借家法となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゃくや【借家】

( 名 ) スル
人から家を借りること。また、借りた家。しゃっか。 「 -住まい」

しゃっか【借家】

( 名 ) スル
しゃくや(借家) 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

借家
しゃくや

他人の所有する家屋を賃料を支払って借りること、あるいはこのようにして借りた他人の家屋をいう。[淡路剛久]

借家の方法

他人の家屋を借りるには、債権契約としての賃貸借契約(民法601条以下)を結ぶのが普通であるが、無償で他人の家屋を使用する契約(使用貸借)を結ぶこと(同法593条以下)も可能である。しかし後者は実際上まれであり、賃貸借契約がほとんどである。[淡路剛久]

借家に関する法律

借家契約は、まれな使用貸借の場合を除き、民法の賃貸借契約に属する。そして、このようなものとしての借家契約が結ばれると、借家人は賃借権を取得することになるわけであるが、賃借権は債権であり、かつ、民法の賃貸借契約に関する規定は契約自由の原則のうえにたつために(事実上の強者たる家主が法的にも有利な地位を占める)、その法的保護は甚だ不十分なものであった。そこで、このような借家人の保護を図るため、1921年(大正10)借家法が制定された。その後、社会・経済事業の変化に応じて、借地、借家制度をより利用しやすい制度にすべきであるとの要請が高まり、1991年(平成3)に借地借家法が制定され、1992年8月1日から施行された。これにより借家法は廃止されたが、廃止前の借家法の規定により生じた効力を妨げないほか、新法施行前にされた借家については、一定の事項についてはなお旧法が適用されるものとされている。[淡路剛久]

借家に関する法律関係と借家権の保護


(1)借家権の存続期間と更新 借家権の存続期間について当事者が1年を超える期間を合意すれば、それはそのまま有効である。しかし、最長20年の期間制限を定めた民法の規定(604条)を借地借家法は排斥していないので、20年以上の存続期間を定めても、自動的に20年に短縮される。次に、当事者が1年未満の期間を合意した場合においては、それは期間の定めのないものとみなされる(借地借家法29条、あるいは借家法3条ノ2)。最後に、当事者が存続期間について合意しておかなかった場合(期間の定めのない場合)については、借地借家法には借地の場合(借地借家法3条、あるいは借地法2条1項)のような法定の存続期間の定めがない。そこで、当事者はいつでも解約の申入れをなしうることになる。しかし、この解約の申入れが認められて契約が解消されることになるかどうかは別問題であり、後述するごとく一定の制限(正当事由の存在)がある。なお、解約申入れ期間(解約を申し入れてから契約が終了するまでの期間)は、民法によれば3か月である(617条1項2号)が、借地借家法はこれを6か月としている(借地借家法27条、あるいは借家法3条1項)。
 借家権の存続期間が満了したとき、民法によれば更新が強制されることはない。また期間の定めのない借家契約の場合には、当事者はいつでも解約の申入れをなすことができる(前述)。しかし、これでは借家人の不利益が甚だしい。そこで旧借家法は、正当事由がある場合でなければ、賃貸人(家主)は賃貸借の更新を拒み、または解約の申入れをなすことができない(借家法1条ノ2)、として借家人の保護を図り、この場合の正当事由の有無については、家主および借家人の双方の利益を比べて決せられるものとする判例が積み重ねられた。このような借家法の規定と判例の蓄積を踏まえて、借地借家法は、建物の賃貸人および賃借人が建物の使用を必要とする事情のほか、建物の賃貸借に関する従前の経過、建物の利用状況および建物の現況ならびに建物の賃貸人が賃借人に財産上の給付(いわゆる立退料)をする旨を申し出た場合のその申出を考慮して正当の事由があると認められる場合でなければ、賃貸人は、更新拒絶または解約の申入れをすることができない、と規定した(28条)。第1の建物を必要とする両当事者の事情が基本的要素であり、第2以下の事情は補充的要素と解されている。次に、当事者が賃貸借の期間を定めた場合において、当事者が期間満了前6か月ないし1年間に相手方に対して更新拒絶の通知、または条件を変更するのでなければ更新しない旨の通知をしないときには、期間満了の際従来の賃貸借と同一の条件をもってさらに契約をなしたものとみなされる(借地借家法26条1項、借家法2条1項)。また、前述の通知をした場合であっても、借家人が建物の利用を継続しているのに対して家主が遅滞なく異議を述べなければ、同じく契約は更新される(借地借家法26条2項、借家法2条2項)。
(2)借家権の対抗力 賃借権としての借家権は債権である。したがって、家主が好意で賃借権の登記をしてくれた場合は別として(民法605条参照)、家主に対して登記を請求する権利はない。だから、たとえばもし家主が賃貸家屋を第三者に譲渡してしまえば、借家人は自己の賃借権をこの第三者に対抗できないはずである。しかし、これでは借家人の不利益が甚だしい。そこで、旧借家法は、建物の引渡しを対抗要件として借家人の保護を図り(借家法1条1項)、借地借家法はこれを受け継いだ(31条1項)。これにより、建物の賃貸借は、その登記がなくても、建物の引渡しがあれば、それ以後その建物について物権(たとえば所有権)を取得した者に対し、その効力を生ずる。
(3)賃料と賃料増減請求権 賃料(家賃)をどの程度のものとするかは、当事者の合意によって定まる。家賃の支払い時期は当事者の合意によって定まるが、原則は後払いである(民法614条)。
 家賃は、その額がいったん合意されると、そのままで続くのが原則である。しかし、借家契約は継続的契約であるので、時の経過とともに家賃はしばしば不適当なものとなる。そこで、旧借家法は家賃の増減請求権を認め(借家法7条1項本文)、借地借家法はこれを受け継いだ(32条1項)。すなわち、家賃が土地または建物の租税その他の負担の増減により、土地または建物の価格の高低その他の経済事情の変動により、または近傍同種の建物の借賃に比較して不相当になったときには、契約条件にかかわらず、当事者は将来に向かって家賃の増減を請求することができる。ただし、一定期間家賃を増加しない特約があるときには、それに従う(同但書)。なお、家賃の増減額について当事者間で協議が整わないときには、裁判が確定するまでは、相当と思われる額(たとえば、従来支払ってきた額)を支払えばよい。ただし、不足分はあとから年1割の利息を付して支払わなければならない(同32条2項・3項)。したがって、額が少ないことを理由として契約を解除されることはない。
 なお、借家をするときには権利金および敷金をとられるのが普通である。権利金の性質はいろいろの場合があるが、とくに重要なのは、家賃の前払いとしての性質を有する場合、営業上の利益の対価として支払われる場合、賃借権の譲渡性を承認する場合などである。敷金は担保としての性質を有する。だから、契約終了後、借家人に残債務がないときには、敷金は返還してもらえることになる。
(4)賃貸人の修繕義務 家主は、賃貸家屋の使用および収益に必要な修繕(たとえば、壁や屋根の修繕など)をなす義務を負い(民法606条1項)、また、借家人は、家主が賃貸家屋の保存に必要な行為(たとえば、土台や屋根の修繕など)をなそうとするときには、これを拒むことができない(同2項)。
(5)借家権の譲渡・転貸 借家権には譲渡・転貸の自由が認められていない。すなわち、借家人は、家主の承諾がなければ、賃借権を譲渡または転貸することができず(民法612条1項)、もしこれに違反して第三者をして借家の使用・収益をなさしめると、家主に契約解除権が発生する(同2項)。ただし、たとえば親類を同居させたとか、学生を一時下宿させたとかいう程度では、契約解除事由としての無断転貸とはいえない。判例によれば、賃貸借関係の基本となる信頼関係を破壊するような程度の場合に、無断譲渡・転貸として契約解除権が発生するのである。
(6)造作買取請求権 借家契約が終了した場合、借家人は家主に対して造作の買取りを請求することができる(借地借家法33条、借家法5条)。ただし買取請求の対象となる造作は、家主の同意を得て建物に付加した畳・建具その他の造作であることが必要である。また、買取りの値段は時価である。この造作買取請求権は、旧借家法と違って、借地借家法では任意規定となっている(借家契約で契約終了の場合に家主が買い取らないと定めることができる)。なお、造作買取請求権は、借家人の債務不履行で契約が解除された場合には発生しない、と解されている。
(7)事実上の配偶者または養親子の賃貸借の継承 借家人がたとえば内縁の妻と同居中死亡した場合、内縁の妻には相続権がないから、その者は借家を明け渡さなければならなくなる。これでは内縁の妻の不利益が甚だしい。そこで、これらの者の保護が図られている。すなわち、借家人の事実上の配偶者(例、内縁の妻)または養親子は、借家人と同居中、借家人が相続人なくして死亡した場合には、この者の権利義務を承継しうる(これらの同居者が1か月内に賃貸人に反対の意見を表示したときにはこの限りでない)(借地借家法36条、借家法7条ノ2)。
(8)定期建物賃貸借 借地借家法は、契約が更新されない建物賃貸借として二つの場合を定めている。一つは、「良質な賃貸住宅等の供給の促進に関する特別措置法」(通称「定期借家法」)により、借地借家法38条が改正されて導入された定期借家である。すなわち、期間の定めがある建物の賃貸借をする場合においては、公正証書によるなど書面によって契約をするときに限って、契約の更新がないこととする旨を定めることができる(借地借家法38条1項)。このような定期借家契約を結ぼうとするときは、賃貸人はあらかじめ賃借人に対して、期間の満了のときに契約の更新はなく賃貸借は終了することを、書面を交付して説明しなければならず(同2項)、説明しなかったときは契約の更新がないこととする旨の定めは無効とされる(同3項)。もう一つは、取壊し予定の建物の賃貸借である。すなわち、法令または契約により一定の期間を経過した後に建物を取り壊すべきことが明らかな場合には、建物を取り壊すべき事由を記載した書面により、建物を取り壊すこととなるときに賃貸借が終了する旨を定めることができる(借地借家法39条1項、2項)。
(9)一時使用の特例 借地借家法の借家に関する規定は、特例として、一時使用のため借家契約をなしたことが明らかである場合には、適用されない(借地借家法40条、借家法8条)。[淡路剛久]
『広中俊雄編『新版注釈民法(15)別冊』(1993・有斐閣) ▽内田勝一ほか著『借地・借家の裁判例』(1996・有斐閣) ▽沢野順彦ほか編『借地借家法の理論と実務』(1997・有斐閣) ▽阿部泰隆著『定期借家権』(1998・信山社出版) ▽稲葉威雄著『新/借地借家法講座』1~3巻(1998、99・日本評論社) ▽平田厚著『定期借家法の解説と法律実務』(1999・ぎょうせい)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の借(り)家の言及

【家持】より

…これに対して,自分は他所に住み,家屋敷を有する者を家主,敷地のみを有する者を地主という。また,家屋敷の全部または一部を借りて居住する者を借家・店借(たながり),敷地を借りて家屋は自分で有する者を地借とよぶ。家屋敷の敷地部分は,田畑と同じように高請(たかうけ)地とされ,年貢や高にもとづく諸役(高役)が賦課される場合(在方に多い)と,高請地とされないか,または高請地となっても年貢や高役の両方か高役のみが免除される場合(町方に多い)とがある。…

【裏店】より

…江戸時代に江戸・大坂などの大都市の町人居住地で,表通りに面していない路地裏に建てられた小商人・職人・日雇いなど下層庶民の借家住居のこと。多くは長屋建てであったので裏長屋とも呼ばれる。…

【正倉】より

…律令制下における中央官衙,国郡,駅家,寺院などに設けられた公的な収蔵施設の総称。形状による分類では,高倉,長倉(横倉),円倉,双倉(ならびぐら),屋,倉下,倉代などがあり,側壁の構造や材質による分類では,校倉(あぜくら)とみられる甲倉や格倉,丸木倉,板倉,塗壁屋,土倉などがあげられる。諸国の正倉のほとんどは穀物倉であったが,収納物によって不動穀倉,動穀倉,穎稲倉,糒倉,粟倉などと分類される。そのほか中心的な役割を担った大型の法倉と称される倉や,正倉に準じて利用された借倉,借屋と呼ばれるものもある。…

【店請】より

…江戸時代,江戸や大坂で住人の約70%と推定される店借が,借家する場合に必要な保証をすること。店請人は親類縁者とか同郷の出身者などが多く,家持だけでなく店借がなる場合もあった。…

【店借】より

…日本近世の被支配諸身分のもので,家屋敷を所持せず,他人の所持する家屋敷を賃借し,住居として用益する状態の戸主をいう。類語に借家(屋)(かしや∥しやくや)があり,ほぼ同義ともみられるが,本源的には,家屋敷の全部を賃借するものを借家といい,家屋敷の部分を賃借するものを店借と呼んだと考えられる。借家・店借は,地借と同様に,本来はそれ自体固有の身分・階層ではなく,百姓・町人・諸職人などの被支配諸身分のものが一時的におかれている地位・状態である。…

【名子】より

…中近世の従属身分に属する農民。鎌倉時代から史料に見える。1300年(正安2)の鎮西下知状に,薩摩国谷山郡の百姓弥平太入道の名子次郎太郎が,谷山郡の地頭のために馬2頭,銭1貫文を責め取られたことが見えているが,これがもっとも古い史料である。名子の史料は数少ないが,畿内,中国,九州,北陸,陸奥の各地に散見し,ほぼ全国的に存在したことが確かである。名子は妻子,眷属,脇の者,下人(げにん)などと並び称されており,主人の家の内部の存在で,その家父長的支配に属すべきものとされていた。…

【借家】より

…建物を賃料を支払って貸借することをいい,〈しゃっか〉とも読む。借家関係を規律する法律として借家法(〈しゃっかほう〉とも〈しゃくやほう〉とも読む。1921公布)があったが1991年に借地借家法に統合された。…

【賃貸借】より

…借地契約以外では20年が最長である。ただし借家契約についても最低1年という規定がある(旧借家法3条ノ2,借地借家法29条)。なお借地・借家とも,一時使用の場合についての規定がある(借地借家法25条,40条)。…

※「借(り)家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

借(り)家の関連キーワード小作支払手形修繕義務賃借アドバタイザー買入れる継続賃料賃貸借契約費用償還請求権Non-matriculated

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone