コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手占 テウラ

デジタル大辞泉の解説

て‐うら【手占】

手の指をかわるがわる屈伸し、伸ばしたのを陰、屈したのを陽として、易の八卦(け)に当てて占うこと。てうらない。
「先づ―を置いて見ませう」〈虎寛狂・居杭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例