手手甲(読み)ぜぜがこう

大辞林 第三版の解説

ぜぜがこう【手手甲】

昔、手を組み合わせて顔に当ててその間からのぞき、子供をおどかす時に戯れにいう言葉。
昔の鬼ごっこの一種。手を組み合わせて手の甲を互いに打ちながら童謡を歌い、歌い終わった時に打たれた者が鬼となるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android