コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筆順 ヒツジュン

4件 の用語解説(筆順の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひつ‐じゅん【筆順】

文字、主に漢字を書くときの筆運びの順序。書き順。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひつじゅん【筆順】

漢字の筆画組み合わせて,1字を書きあげるときの順序を筆順という。筆順はだれがきめたというのではなく,古人が何代にもわたって考え出した知恵であるから,きわめて合理的,かつ能率的である。したがって漢字習得にあたっては大いに利用すべきである。つぎに,文部省の《筆順指導の手びき》によって,およその原則を記しておく。(1)上から下へ書く。〈三〉。(2)左から右へ書く。〈川〉。(3)横画と縦画が交差する場合。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひつじゅん【筆順】

文字、特に漢字を書くときの筆運びの順序。書き順。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筆順
ひつじゅん

文字の字画を書く順序。おもに漢字、仮名についていう。漢字には字画の複雑なものが多いために、筆順が問題になるが、本来毛筆で容易に整った字体を書くためのものであり、「必」「飛」「馬」のように2通り以上の筆順が広く認められている文字もある。「上から下へ」「左から右へ」の二大原則があるが、例外も存する。字源は一般に関係ないが、「右」「有」などの「ナ」の筆順が「丿」を先に書くのは、もと「又」からの変形だからである。楷書(かいしょ)と行書(ぎょうしょ)は同じ筆順であることが多いが、「書」「年」など草書(そうしょ)は異なる場合がある。片仮名は漢字から出た字だから、その筆順は漢字に準ずるが、「メ」(「女」の終二画)や「ヨ」(「与」の終画)のように、後世変わったものもある。硬筆(万年筆、鉛筆、ボールペンなど)は毛筆よりも運用が自由だから、筆順の乱れることが多いが、「おおざと・こざと」を「|」から書いたり、「ヲ」を「フ」から書いたりするのは、矯正すべきであろう。[築島 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筆順の関連キーワード会意組物形声コンビネーション織る編組抱合せる練上げ寄木Combined Major

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

筆順の関連情報