コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手無し テナシ

デジタル大辞泉の解説

て‐なし【手無し】

手または腕がないこと。
本来は蔓(つる)がある植物で、蔓がない品種。
袖無しの胴着。
供御(くご)調度などに手を触れられなかったところから》月経をいう女房詞

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てなし【手無し】

手がないこと。また、その人。
袖のない胴着。また、袖無しの羽織。 「下﨟のきる-といふ布着物きて/著聞 20
無能なこと。また、その人。 「薄情じようなし-/洒落本・辰巳婦言」
〔女房詞。その期間中調度・料理などに手を触れられぬことから〕 月経。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手無しの関連キーワード辰巳婦言袖無し洒落本肩衣供御騙す著聞胴着羽織

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android