手触り(読み)テザワリ

デジタル大辞泉の解説

て‐ざわり〔‐ざはり〕【手触り】

手でさわったときの感じ。手に受ける感触。「柔らかい手触りの服地」
そのものから直接受ける感じ。
「いつになく―のあらい言葉を使う」〈漱石吾輩は猫である

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てざわり【手触り】

手でさわった時の感じ。 「 -のいい布地」
物から受ける感じ。印象。 「 -のあらい言葉を使ふ/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手触り
てざわり

皮膚感覚の、とくに手掌各部位における触現象、すなわち「触る感覚」をいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手触りの関連情報