コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手詰め テヅメ

デジタル大辞泉の解説

て‐づめ【手詰め】

相手に猶予を与えずきびしく詰め寄ること。
「旦那と奥様と口を揃えて―の談判」〈木下尚江良人の自白
手詰まり2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てづめ【手詰め】

厳しく攻め寄せること。 「 -の談判」 「敵を出し抜いて、-の勝負を決せんため/太平記 10
窮地におちいること。追いつめられること。 「これ程の-になり、この親が目前に八つ裂きにせらるる/浄瑠璃・国性爺合戦」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手詰めの関連キーワード石で手を詰めるチェックメートF. フルーレ国性爺合戦佐久の花手見せ禁太平記自白談判良人猶予

手詰めの関連情報