コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥様 オクサマ

デジタル大辞泉の解説

おく‐さま【奥様】

他人の妻を敬っていう語。
女主人を敬っていう語。使用人などが使う。「奥様の用事で参りました」
[補説]古くは、公家大名などの敬称だったが、のちに武家富商などにもいうようになり、現在では広く一般に用いられる。

おく‐ざま【奥様】

奥のほう。
「―へ、ゐざり入り給ふ」〈末摘花

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おくさま【奥様】

他人の妻を敬っていう語。もと、公家くげ・大名などの正妻をいったが、のち一般の武家・商家でもいうようになり、現在は、広く一般に用いられる。 「 -はお元気ですか」
召し使いなどが、女主人を敬っていう語。 「 -からの下され物」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の奥様の言及

【奥】より

…これは線的に延びるものの最も遠ざかった部分を表しており,巻物や書籍の奥書,奥付もそれに似た用法である。建築空間的には,奥城(おくつき),奥の間,大奥などがあり,夫人を意味する奥方(おくがた)や奥様(おくさま)は,桃山時代や江戸時代の大名屋敷で夫人の居住する部分が屋敷の背後の方に配置されていたことから生まれたと考えられる。そのほか平安時代には,時間的に将来を指しても奥が使われたが,現代ではそれに該当する例は見当たらない。…

※「奥様」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奥様の関連キーワードエリザベス モンゴメリー御母様・御嬶様よしいけいこペルゴレージ待ち侘しい柳沢真由美納まり返る繁田麻衣子上の平多香セニョーラ鈴木えつ子織田恵美子内田みち代高橋知裕下され物榎田知子久嶋志帆齋藤稜駿宮内恒雄伊勢白粉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥様の関連情報