才弁・才辯(読み)さいべん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 才気とすぐれた弁説。才気のある弁舌。
※養生訓(1713)二「凡識見なければ其才辯ある説に迷ひて、偏執に泥(なづ)む」
※大道無門(1926)〈里見弴〉首途「世に聞えた八面玲瓏の才辯(サイベン)も」 〔後漢書‐禰衡伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android