才気(読み)さいき

精選版 日本国語大辞典 「才気」の意味・読み・例文・類語

さい‐き【才気】

〘名〙 才知のすぐれたはたらき。物事の動きに対し、適当な判断を下せる精神能力。「才気煥発
江都督納言願文集(平安後)六・丹後守正盛堂供養願文「雖才気之敵万人。猶有智勇之伝五代
歌謡山家鳥虫歌(1772)下・越前「才気尽きて己が不才の本性現れたるにや」 〔史記‐項羽本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「才気」の意味・読み・例文・類語

さい‐き【才気】

よく気がつき、巧みに物事を処理する知的能力。「才気がみなぎる作品」「才気縦横」
[類語]才知才覚知力能力力量才能文才手筋手際手腕手並み腕前

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「才気」の読み・字形・画数・意味

【才気】さいき

才智気力。〔史記、李将軍伝〕孫昆(こうそんこんや)、上(しやう)の爲に泣いて曰く、李廣は才氣天下無雙なるも、自ら其の能を(たの)み、數(しばしば)と戰ふ。らくは之れを(うしな)はんと。是(ここ)に於て乃ち徙(うつ)して上郡太守と爲す。

字通「才」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

狐の嫁入り

1 日が照っているのに、急に雨がぱらつくこと。日照り雨。2 夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯ちょうちんのように見えるもの。[類語](1)狐日和びより・天気雨・雨天・荒天・悪天・雨空・梅雨空・...

狐の嫁入りの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android