コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち麻やし ウチソヤシ

デジタル大辞泉の解説

うちそ‐やし【打ち麻やし】

[枕]《「やし」は間投助詞》麻(を)を績(う)む意から「をうみ」の略の「をみ」にかかる。
「―麻績(をみ)の子ら」〈・三七九一〉
[補説]用例の原表記「打十八為」を「うつそやし」と読む説もある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うちそやし【打ち麻やし】

( 枕詞 )
〔「や」 「し」は詠嘆の助詞〕
「打ち麻を績む」意から「麻を績うみ」の約の「をみ」にかかる。うつそやし。 「 -をみの子ら/万葉集 3791

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

打ち麻やしの関連キーワード間投助詞万葉集詠嘆麻績

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android