打着(読み)うちきす

  • うちき・す
  • うちつ・く
  • うち・きる

精選版 日本国語大辞典の解説

〘他サ下二〙 (「うち」は接頭語)
① 身に着けさせる。着せる。ひょいとかぶせる。
※万葉(8C後)一一・二六八二「韓衣(からころも)君に内著(うちきせ)見まくほり恋ひそ暮らしし雨の降る日を」
※平家(13C前)一一「御子右衛門督に御袖をうちきせ給ふを」
② (かぶらせる、受けさせる意から転じて) うち当てる。たたく。
※狂言歌謡・雉の雌(鷺小舞)(室町末‐近世初)「人に情を懸川の宿の、雉の雌(めんどり)ほろりっとをといて打着せてしめて」
③ 敵を圧倒する勢いで攻撃する。
※日葡辞書(1603‐04)「ニンジュヲ vchiqixete(ウチキセテ) カカル」
〘他カ上一〙 (「うち」は接頭語) 衣服などを身体にまとう。ひょいと着る。
※敏行集(10C)「ふる雪のみのしろごろもうちきつつ春きにけりとおどろかれぬる」
[1] 〘自カ四〙 (「うち」は接頭語)
① 物事が解決する。ある点に帰着する。また、心が落ち着く。
※玉塵抄(1563)八「天下こそうちついて定たれと云たぞ」
② 到着する。
※御伽草子・鉢かづき(室町末)「おほきなる川のはたへうちつき給ふ」
[2] 〘他カ下二〙 (「うち」は接頭語) 判断など、ある点にゆきつくようにする。落ち着ける。
※浮世草子・風流曲三味線(1706)五「さあ此思案に打付けよと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android