コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)返し ウチカエシ

デジタル大辞泉の解説

うち‐かえし〔‐かへし〕【打(ち)返し】

[名]
古綿を打ち直すこと。また、その綿。「打ち返しの綿入れ」
劇場の舞台の背景の板を裏返して別の背景にすること。
建築で、左右または上下が対称なこと。うってがえし。
[副]
同じ動作を繰り返すさま。何度も。
「―のたまへば、一方(ひとかた)ならず煩はしけれど」〈・早蕨〉
打って変わって。逆に。
「つれづれに思ひ続くるも、―いとあぢきなし」〈柏木

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

打(ち)返しの関連キーワードケレン

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android