扶植(読み)ふしょく

精選版 日本国語大辞典「扶植」の解説

ふ‐しょく【扶植】

〘名〙
① 勢力などを、えつけること。
※公議所日誌‐一六下・明治二年(1869)五月「扶植するも、足らざるを恐る、何ぞ之を壊るべけん」
※基督教とは何ぞや(1905)〈内村鑑三〉「将たまた、教勢拡張、教権扶植でないことは言ふまでもない」
② たすけたてること。扶持すること。〔謝枋得‐初到建寧賦

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「扶植」の解説

ふ‐しょく【扶植】

[名](スル)勢力などを、植えつけ拡大すること。「改革思想を扶植する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「扶植」の解説

【扶植】ふしよく

しっかりうえこむ。宋・謝枋得〔初めて建寧に到りて詩を賦す〕詩 中の(いよいよ)たり 綱常を扶植するは、此の行に在り

字通「扶」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android