コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謝枋得 しゃほうとくXie Fang-de; Hsieh Fang-tê

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

謝枋得
しゃほうとく
Xie Fang-de; Hsieh Fang-tê

[生]宝慶2(1226)
[没]至元23(1286).大都
中国,南宋末の政治家。弋陽県 (江西省) の人。『文章軌範』の撰者。字は君直。号は畳山。文節先生ともいう。気概があり直言をもって知られ,宝裕年間 (1253~58) 進士にあげられたが辞退した。元軍の侵寇を受け,宋朝の回復に必死の画策をしたが効なく,福建に逃れ,元朝のたび重なる召用を拒否して忠節をまっとうした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃ‐ぼうとく〔‐バウトク〕【謝枋得】

[1226~1289]中国、南宋の政治家。弋陽(よくよう)(江西省)の人。字(あざな)は君直。号は畳山。との戦いに敗れて捕らえられたが節を曲げず、絶食死した。著「文章軌範」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゃほうとく【謝枋得 Xiè Fāng dé】

1226‐89
中国,宋末の文人,政治家。字は君直,畳山と号した。江西省弋陽(よくよう)県の出身。科挙受験者のための模範文集で,日本でも江戸期にひろく流行した《文章軌範》7巻の編者として知られる。人となりは豪爽,直言を好み,忠義をもって自己の務めとした。宝祐4年(1256)の進士。江東提刑を授けられ,信州(江西省)の知事として元軍を迎え撃って破れた。元からしばしば召されたが応ぜず,元都に送られ絶食して死んだ。【佐藤 一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゃぼうとく【謝枋得】

1226~1289) 中国、南宋末の文学者。字あざなは君直。号は畳山。南宋滅亡後、元朝に召されたが、拒んで餓死した。著「文章軌範」「畳山集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

謝枋得
しゃぼうとく
(1226―1289)

中国、宋(そう)代の学者。字(あざな)は君直。号は畳山(じょうざん)。弋陽(よくよう)(江西省)の人。1256年(宝祐4)の進士。剛直な性格で、元(げん)との講和を画策する賈似道(かじどう)を批判して流罪にあったこともある。信州(江西省)の長官のとき、元軍に抵抗して敗れ、福建省に落ち延びて姓名を変え易者をしていた。のち元軍に捕らえられて北京(ペキン)に送られ、出仕を強要されたが断食して死んだ。その詩は沈痛悲涼。『畳山集』5巻がある。また彼の編集した『文章軌範』7巻は、中国では官吏任用試験のための模範文集として、日本では文章の名作集として広く読まれた。[横山伊勢雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の謝枋得の言及

【文章軌範】より

…軌範とは手本・法則の意味。宋末の忠臣謝枋得(しやほうとく)の編。蜀漢の諸葛亮(しよかつりよう)の《出師表(すいしのひよう)》と晋の陶潜(淵明)の《帰去来兮辞(ききよらいのじ)》以外はすべて唐・宋人の文章から成り,韓愈31編,柳宗元5編,蘇軾(そしよく)12編,欧陽修5編,蘇洵4編などが多いほうである。…

※「謝枋得」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

謝枋得の関連キーワード靖献遺言放胆文文学者

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android