コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

承子内親王 しょうしないしんのう

2件 の用語解説(承子内親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

承子内親王 しょうしないしんのう

948-951 平安時代中期,村上天皇の皇女。
天暦(てんりゃく)2年4月11日生まれ。母は藤原師輔(もろすけ)の娘安子(あんし)。天暦3年内親王となる。天暦5年7月25日死去。4歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

承子内親王

没年:天暦5.7.25(951.8.30)
生年:天暦2.4.11(948.5.22)
平安時代中期の夭折した内親王。村上天皇藤原安子の子。皇太子がいまだ決まらないとき安子が懐妊,男子の誕生が期待されたが,生まれたのは承子であった。天暦4(950)年藤原元方の娘祐姫が村上天皇の男子(広平親王)を生み,続いて安子も憲平親王(冷泉天皇)を生む。第1皇子を抑えての憲平立太子は祖父である師輔一族の栄華を約束するものであった。その立太子儀の王卿饗はわずか4歳の承子の政所が設けた。同年,著裳。飛香舎で父天皇自らが袴腰を結んでいる。

(京楽真帆子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

承子内親王の関連キーワード婉子内親王緝子内親王敏子内親王永平親王藤原祐姫昌平親王盛子内親王(1)保子内親王楽子内親王理子内親王(1)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone