コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭陽舎 しょうようしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昭陽舎
しょうようしゃ

平安京内裏五舎 (昭陽,淑景,飛香,凝華,襲芳) の一つ。庭になしが植えてあるので梨壺ともいう。内裏の北東部,麗景殿の東,温明殿の北にある。天暦5 (951) 年撰和歌所がおかれ,清原元輔大中臣能宣源順ら5人 (梨壺の五人) がここで『後撰和歌集』を撰した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

昭陽舎【しょうようしゃ】

梨壺とも。庭にナシを植えたのでこの名がある。内裏(だいり)五舎の一つ。北東隅の桐壺の南にあたる。ここで源順・紀時文坂上望城・大中臣能宣・清原元輔らが《後撰和歌集》の編纂(へんさん)と《万葉集》の訓釈を行ったことから,この5人を〈梨壺の五人〉と称する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうようしゃ【昭陽舎】

平安宮内裏五舎(飛香,凝花,襲芳,昭陽,淑景舎)の一つ。その名は,漢の武帝が未央宮に設けた後宮八区の一つの昭陽殿によるものであろう。南庭中に梨を植えたので,梨壺(なしつぼ)とも称する。内裏の北東部で,淑景(しげい)舎の南,麗景殿の東に位置する。昭陽舎・昭陽北舎の2棟の東西棟が南・北に並び,周囲を築垣で囲む。昭陽舎は,桁行5間,梁行2間の身舎の4面に廂(ひさし)を付けた建物で,北舎は昭陽舎と同規模という説もあるが,《大内裏図考証》は5間・2間の身舎の東・西面に廂を付けた建物に復元する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうようしゃ【昭陽舎】

平安京内裏の後宮五舎の一。紫宸殿ししんでんの北東にあり、しばしば東宮御所となった。前庭に梨が植えられていたところから、梨壺なしつぼともよばれる。 → 内裏

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

昭陽舎の関連キーワード凝華舎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android