コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾禰荘 そねのしょう

2件 の用語解説(曾禰荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

曾禰荘【そねのしょう】

伊勢国一志(いちし)郡内に成立した山城国醍醐寺荘園。一志平野の南部,三渡(みわたり)川の下流域を占め,三重県三雲町(現・松阪市)の南部から松阪市松崎浦町にかけての一帯に比定。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そねのしょう【曾禰荘】

伊勢国一志郡(現,三重県松阪市北部,一志郡三雲町付近)の荘園。醍醐寺三宝院門跡領。889年(寛平1)以前,藤原玄上によって立荘され,928年(延長6)ころ玄上より後院朱雀院が買得し,948年(天暦2)には醍醐寺に施入された。953年,957年(天徳1)に太政官符民部省符によって不輸・臨時雑役免が認められた。荘田140町余。平安時代にはたびたび臨時雑役賦課をめぐって国司と対立している。1166年(仁安1)平信兼が預所に補任され,この地に勢力を及ぼしたが,信兼がその所職を没官された後には山内首藤経俊が地頭に任ぜられて入部した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone