把利・和利(読み)わり

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 出挙米(すいこまい)の利息分。稲の収量の基本単位で、ある束に対して、その一〇分の一である「把」を利息の単位としたもの。稲だけでなく、他の農作物や金銭の貸借の場合にも用いられるようになった。
※東大寺文書‐長寛二年(1164)僧壱楽出挙米借用状「謹解 申請借出挙米事、合漆斗者。右、以来秋之加五把利、可辨進之状、如件」 〔日葡辞書(1603‐04)〕
※伊達家文書‐寛永一五年(1638)四月二一日・伊達忠宗書出「三割之利足にて可召上事」
[補注]出挙の貸付は、元来は稲であるが、後に籾や麦・豆などにも及び、中世末には「わり」は一般に貸借の利率を示すようになり、「和利」の字が用いられる一方、分割の意の「わり」と混同して、近世には「割」の字が主に用いられるようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android