投資信託協会(読み)とうししんたくきょうかい

投資信託の用語集「投資信託協会」の解説

投資信託協会


金融商品取引法上の認定金融商品取引業協会の一つ。投資者の保護を図るとともに、投資信託及び投資法人の健全な発展のため、各種自主ルールの制定、正会員に対する法令・諸規則等の遵守状況、管理体制等の調査、投資者からの質問、正会員の業務に関する苦情相談、投資信託の普及・啓発活動や認定個人情報保護団体としての業務を行っている。その中でもこれらの業務を達成するために、自主規制ルール制定・実施に関する業務は非常に重要なものとなっている。さらに、投資家へのディスクロージャーの充実という観点から、個別の投資信託の運用情報等のデータを評価機関に提供しているほか、協会のホームページ上でも国内設定の全投資信託の基準価額を公表している。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android