コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投(げ)釣瓶 ナゲツルベ

デジタル大辞泉の解説

なげ‐つるべ【投(げ)釣瓶】

釣瓶をつけ、水中に投げ入れて水を汲み上げるもの。
釣瓶の両端につけた縄を二人で持ち、水中に投げ入れて水を汲み上げるもの。溝さらいや田の灌漑(かんがい)に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例