コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣瓶 ツルベ

デジタル大辞泉の解説

つる‐べ【釣瓶】

《「吊(つ)る(へ)」の意》井戸水をくむために、や竿(さお)などの先につけておろす(おけ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つるべ【釣瓶】

縄やさおの先につけて井戸水をくみあげる桶。〈吊る瓮(つるへ)〉の意といい,木製やブリキ製のものが普通だが,古くは陶製のものであったという。《和名抄》には〈缶(つるべ),唐韻に云う缶(かん)(音貫,楊氏漢語抄に云う,都留閉(つるべ)),水を汲む器なり〉とある。古く《日本書紀》神代下に〈豊玉姫の侍者(まかたち),玉(たまのつるべ)を以て水を汲む〉とある。ポンプ井戸が普及する前は,たいていこの瓶を用いた〈車井戸(くるまいど)〉や〈はね釣瓶(桔槹(きつこう)ともいう)〉で水をくんでいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

つるべ【釣瓶】

縄または竿の先につけて、井戸水をくみ上げるのに使う桶。つるべおけ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

釣瓶の関連キーワード籠釣瓶花街酔醒・篭釣瓶花街酔醒秋田県山本郡藤里町藤琴釣瓶落とし・釣瓶落し秋の日は釣瓶落とし釣瓶打ち・連べ打ち河竹新七(3代)なれずし(熟鮨)佐野次郎左衛門市川 女之助掛け縄・掛縄潮山 長三大谷 藤子釣瓶落とし潮山長三釣瓶井戸高桑闌更河竹新七大谷藤子加賀千代撥ね釣瓶

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釣瓶の関連情報