コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣瓶 ツルベ

3件 の用語解説(釣瓶の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つる‐べ【釣瓶】

《「吊(つ)る瓮(へ)」の意》井戸水をくむために、縄や竿(さお)などの先につけておろす桶(おけ)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つるべ【釣瓶】

縄やさおの先につけて井戸水をくみあげる桶。〈吊る瓮(つるへ)〉の意といい,木製やブリキ製のものが普通だが,古くは陶製のものであったという。《和名抄》には〈缶(つるべ),唐韻に云う缶(かん)(音貫,楊氏漢語抄に云う,都留閉(つるべ)),水を汲む器なり〉とある。古く《日本書紀》神代下に〈豊玉姫の侍者(まかたち),玉瓶(たまのつるべ)を以て水を汲む〉とある。ポンプ井戸が普及する前は,たいていこの釣瓶を用いた〈車井戸(くるまいど)〉や〈はね釣瓶(桔槹(きつこう)ともいう)〉で水をくんでいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

つるべ【釣瓶】

縄または竿の先につけて、井戸水をくみ上げるのに使う桶。つるべおけ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釣瓶の関連情報