抗ミュラー管ホルモン(読み)コウミュラーカンホルモン

デジタル大辞泉の解説

こうミュラーかん‐ホルモン〔カウ‐クワン‐〕【抗ミュラー管ホルモン】

ミュラー管から形成される子宮や卵管などを抑制する物質。男性では胎児期に精細管のセルトリ細胞から分泌されミュラー管を退縮させる。女性では発育中の卵胞から分泌され他の卵胞の発育を抑制する。発育卵胞数の減少と相関して血中濃度が低下することから卵巣予備能の指標とされる。ミュラー管抑制物質MIS)、ミュラー管抑制因子MIF)とも呼ばれる。アンチミュラー管ホルモンAMH(anti-Müllerian hormone)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android