精細管(読み)せいさいかん(英語表記)seminiferous tubules

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

精細管
せいさいかん
seminiferous tubules

曲精細管ともいう。精巣の実質内に存在する迂曲した細管で,内壁は特殊な精上皮におおわれ,ここで精子形成が行われる。精細管の外周には薄い基底膜があり,その内方に精祖細胞,精母細胞,精子細胞から成る精上皮があり,それらの間にセルトリー細胞が存在する。精上皮を形成する細胞はすべて精子の形成過程にあるもので,基底膜に近いものほど若く,内腔に向うほど発生が進んでおり,最内層には形成された精子がみられる。精細管は精巣の表層から始り,精巣内には約 800本あるが,精巣縦隔に向うに従ってその迂曲度を減じ,精巣縦隔に近づくと互いに合して,精巣小葉内で1本ずつの短い直精細管となって精巣縦隔に入っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android