折上(読み)おりあげ

  • おりあげ をり‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 の材によって天井を高くするような構造。弧状の支輪(しりん)や蛇骨(じゃぼこ)で天井の中央平面が周囲より高くなったものが多い。
※日光山志(1825)五「正面の御本間、御天井、折揚二重の格天井、其内へ岩紺青にて、丸龍の彩色、其形皆異なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の折上の言及

【天井】より

…この部分を〈支輪(しりん)〉という。支輪は組入れ,格,小組格のいずれの天井にもつく場合があり,これのついたものを〈折上(おりあげ)〉と表現する。たとえば折上小組格天井などという。…

※「折上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

折上の関連情報