抜買(読み)ぬけがい

精選版 日本国語大辞典の解説

ぬけ‐がい ‥がひ【抜買】

〘名〙
抜荷(ぬけに)を買うこと。仲間を出し抜いてひそかに荷を買うこと。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※御触書寛保集成‐三五・享保一六年(1731)四月「右唐船え去冬日本人抜買を企」
② 他を出し抜いて買うこと。特に、女郎買いなどにいう。
※洒落本・初葉南志(1780)「出物買いはこっそりがよし例の友へもさたなしに抜買(ヌケガイ)と出ようか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の抜買の言及

【抜荷】より

俵物三品(いりこ,干しアワビ,ふかのひれ)は1785年(天明5)長崎会所以外の者が生産者から買うことは禁止されたので,それ以外の者と取引するのは国内貿易での抜荷である。この場合および次の(2)の場合は抜買ともいった。(2)唐・蘭船との私的取引。…

※「抜買」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android