コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

択捉海峡 えとろふかいきょう

2件 の用語解説(択捉海峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

択捉海峡
えとろふかいきょう

別称フリーズ海峡。千島列島南部の択捉島と中部のウルップ島をへだてる海峡。幅約 40km。海峡を境に南と北で植物相に大きな相違がみられ,北では針葉樹林が消滅する。発見者宮部金吾にちなんで,この境界線を宮部線と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕択捉海峡(えとろふかいきょう)


北方領土の択捉島とロシア領ウルップ(得撫)島の間の海峡。国際名称はフリース(フリーザ)海峡。最狭部幅は約41km。ウルップ島側に水深約20mの岩棚が張り出す。潮流が複雑で、ときに3ノットを超える急潮をなす。北方植物分布上の区分線、宮部(みやべ)線が通る。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone