コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

択捉島 えとろふとう

8件 の用語解説(択捉島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

択捉島
えとろふとう

千島列島中最大の火山島。北緯 45°,東経 148°付近に位置し,日本の最北端をなす。北東に択捉 (フリーズ) 海峡をへだててウルップ (得撫) 島,南西に国後水道をへだてて国後島が連なる。長さ 200km,幅 30km,面積 3139km2

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えとろふ‐とう〔‐タウ〕【択捉島】

北海道東部、千島列島中最大の火山島。北洋漁業の基地として紗那(しゃな)などの漁港がにぎわった。第二次大戦後、ソ連(現在はロシア連邦)の統治下。面積3139平方キロメートル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

択捉島【えとろふとう】

イトゥルプIturup島とも。千島列島中最大の島。3167km2。火山性の山地(最高点1567m)からなり,海岸は断崖が多い。中心は北岸のクリリスク(沙那)で,太平洋岸に良港の単冠(ひとかっぷ)湾(カサトカ湾)がある。
→関連項目ウルップ[島]国後島高田屋嘉兵衛時規物語松浦武四郎間宮林蔵レザノフ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

択捉(えとろふ)島

北海道東部、納沙布岬の北東約119kmに位置する島。第二次世界大戦後、ソ連(現ロシア連邦)が占領。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えとろふとう【択捉島】

千島列島南部にある火山島。面積3139km2は千島列島最大で,長径203km,短径6~30kmの細長い形をしている。国後(くなしり)島の北東にあり,択捉海峡を挟んでウルップ島相対する。1798年(寛政10)近藤重蔵最上徳内が探検して〈大日本恵登呂府〉の標柱を立て,翌年高田屋嘉兵衛によって航路が開かれた。1855年(安政2)の日露和親条約によって日本領とされた。汽船航路が開かれた92年から漁民を中心とする移住者も増えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えとろふとう【択捉島】

千島列島最大の島。江戸時代から知られ、1854年日露和親条約により日本領。第二次大戦後、ソ連を経てロシア連邦の占領下にある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕択捉島(えとろふとう)


北海道東方沖の千島(ちしま)列島南部の島。歴史的には、アイヌ民族が先住してきた。面積3182.7km2。最高峰の散布(ちりっぷ)山(標高1587m)など19の火山が点在する。トドマツ・エゾマツなどの原生林が茂り、現在島の南西部はロシアが自然保護区に指定。南東岸には通年、海霧が発生する。1855年(安政(あんせい)2)の日露通好条約で日本領土とされた。根室(ねむろ)支庁に属する蕊取(しべとろ)・留別(るべつ)・紗那(しゃな)の3村がおかれ、大正末期に正式に村制施行。第二次大戦時までサケ・マス漁や缶詰製造が行われた。南岸の単冠(ひとかっぷ)湾は第二次大戦開戦時、ハワイ真珠湾攻撃の艦隊集結地となった。1945年(昭和20)終戦時の人口3605。同年8月28日以降、ソ連(現ロシア)の占領下にあり、日露両国のあいだで「北方領土問題」として懸案となっている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

択捉島
えとろふとう

北海道東部、根室半島東端にある納沙布(のさっぷ)岬の北東110キロメートルにある島。南西は国後(くなしり)水道を隔てて国後島に臨み、北東は択捉海峡を隔てて得撫(ウルップ)島以北の千島列島に連なる。長さ203キロメートル、最大幅30キロメートル、面積3182.65平方キロメートル。火山が多く、最北端に神威(かむい)岳(1322メートル)、中北部に北散布(ちりっぷ)山(1561メートル)、西部に単冠(ひとかっぷ)山(1566メートル)、その西に阿登佐(あとさ)岳(1206メートル)などがある。また南西部の萌消(もえけし)湾は沈水カルデラ、南端のベルタルベ山(1221メートル)は新しい円錐(えんすい)火山であるなど、火山地形の宝庫で、活火山も多い。海岸線は海食崖(がい)が続き、屈曲は少ないが、紗那(しゃな)、単冠湾などの錨地(びょうち)がある。第二次世界大戦前の紗那測候所によれば、月平均気温は2月零下6.9℃、8月15.5℃、年平均気温は4.2℃で、年降水量は約1000ミリメートル。冬の季節風はきわめて強く、夏には濃霧の日が多い。地表はエゾマツ、トドマツ、カンバ類、ミズナラ類、下生えはササが覆っている。サケ、タラ、カレイ、タラバガニなどの漁獲がある。
 1786年(天明6)最上(もがみ)徳内が探検、1798年(寛政10)近藤重蔵(じゅうぞう)が探検して「大日本恵登呂府」の標柱を立てた。翌年、高田屋嘉兵衛が航路を開いたが、定住者は少なかった。第二次世界大戦前は根室支庁(現、根室振興局)管内の択捉郡留別(るべつ)村、紗那郡紗那村、蘂取(しべとろ)郡蘂取村の3郡3村からなり、現在も形式上は存続する。戦前は北洋漁業の基地として紗那などの漁港がにぎわい、人口3729(1942)に達した。単冠湾は、ハワイ攻撃の日本海軍艦艇(かんてい)の集結地(1941年11月)として知られる。日本のいわゆる「北方領土」の一つであるが、戦後はソ連、ソ連解体後はロシア連邦が支配し、サハリン州の所属で、イトルプ島Итурупとよび、紗那をクリリスクと称している。[渡辺一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

択捉島の関連キーワード千島千島火山帯北海道東方沖地震千島海峡千島笹千島カムチャツカ海溝南千島北海道根室市千島町千島海盆千島・カムチャツカ海溝

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

択捉島の関連情報