披麻皴(読み)ヒマシュン

  • 披麻×皴

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 東洋画の皴法の一つ。麻の緒を開いたように細い線を重ねて描くもので、山や岩のひだを表わす。中国の董源、巨然に始まるといわれ、主として南宗画に用いられる。〔芥子園画伝‐一・画学浅説入〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の披麻皴の言及

【皴法】より

…山水・樹石画の写実化や,水墨画の興起にともなって,唐末五代のころから現れ始め,しだいに従来の輪郭線と傅彩(ふさい)のみに頼る方法に取って代わった。描く対象の自然,あるいは画家の個性に応じて,多くの方法が発明され,董源,巨然の披麻皴(ひましゆん),范寛の雨点皴,郭熙の鬼面皴,李唐,馬遠の斧劈皴(ふへきしゆん)が知られ,とくに披麻皴は元末四大家や呉派,斧劈皴は南宋院体画や浙派に継承された。【曾布川 寛】。…

※「披麻皴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android