コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南宗画 なんしゅうがnan-zong-hua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南宗画
なんしゅうが
nan-zong-hua

中国山水画における二大様式の一つ。宮廷画院を中心にした北方系の山水画様式を北宗画というのに対し,在野の文人画家が取り上げた山水画様式をいう (→山水画 ) 。この南北2宗の説は明代の董其昌が初めて提唱したもので,のち莫是龍 (ばくしりょう) が受け継いだが,論理的には必ずしも整合していない。南宗画は唐代の王維を祖とし,宋代の董源米 芾に継承され,次いで黄公望,王蒙,倪 瓚 (げいさん) ,呉鎮のいわゆる元末四大家に引き継がれ,さらに沈周文徴明らと続き,明・清代に大いに普及した。この時代には南宗画の様式を文人がおもに採用したので,南宗画は文人画と同じ意味に用いられた。南宗画の影響は江戸時代の日本画壇にも及び,池大雅与謝蕪村らによって日本独自の南宗画様式,南画を大成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なんしゅう‐が〔‐グワ〕【南宗画】

中国絵画の系統の一。唐の王維に始まり、董源(とうげん)巨然(きょねん)米芾(べいふつ)、元末四大家(黄公望呉鎮倪瓚(げいさん)王蒙(おうもう))などを経て、明の沈周(しんしゅう)はじめ呉派に至る文人画家の山水画様式。明末の董其昌(とうきしょう)の提唱による。水墨による柔らかい描線と自然な感興が特色。文人画。→南画(なんが)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

南宗画【なんしゅうが】

南画とも。明末の画家莫是竜(ばくしりょう),次いで董其昌(とうきしょう)によって提唱された中国の絵画様式上の概念。北宗画に対立するもので,王維を祖とし元末四大家によって行われた文人画の様式をいい,文人画としばしば混同して用いられる。
→関連項目王【き】王原祁巨然金弘道呉派山水画浙派相阿弥董其昌董源長崎派馬和之

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なんしゅうが【南宗画 Nán zōng huà】

中国の画風の一つ。南画ともいう。南宗画という用語は16世紀後半から17世紀初頭にかけて活躍した松江華亭(現,上海市)の画家,董其昌(とうきしよう),莫是竜(ばくしりゆう),陳継儒において見られる。彼らはみずからを文人画の本流に棹さすものと自負し,その立場から当時の万暦画壇を批判し,独自の絵画史観を展開した。南宗画の基本的な立場は,刻画(細かく輪郭づけて描く)よりも渲染(せんせん)(水墨でぼかす),行家(こうか)(くろうとで匠気をもつ)よりも利家(りか)(しろうとで士気をもつ)というもので,様式的には細密巧緻で濃厚豊麗なものより,簡略粗放で軽淡清雅をよしとし,精神的には技巧に基づく客観主義より文人的教養を伴った人格表現を重視した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なんしゅうが【南宗画】

中国絵画の様式の一。柔らかなうるおいのある趣を特色とする。北宗画が専門画家の様式であるのに対し、主として文人画家によって描かれた。明代末に薫其昌とうきしようらが唱えた様式の区別。南画。文人画。 → 南画

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南宗画
なんしゅうが

中国、明(みん)代後期に莫是龍(ばくしりょう)、董其昌(とうきしょう)らが唱道した、それまでの中国絵画を大きく二つに分類したうちの一つ。彼らは中国絵画を南宗画と北宗画とに分け、南宗画の祖を唐代の王維(おうい)とみなし、五代南唐の董源(とうげん)、巨然(きょねん)、北宋(ほくそう)の米(べいふつ)・米友仁(ゆうじん)父子、元末の四大家、王蒙(おうもう)・倪(げいさん)・呉鎮(ごちん)・黄公望(こうこうぼう)を経て、明の呉派(ごは)の沈周(しんしゅう)、文徴明(ぶんちょうめい)に及ぶものとする。南宗画を絵画の正統とする莫是龍、董其昌らは、技巧的な職業画家の絵画(北宗画)を嫌い、絵画に書巻(しょかん)の気を求め、自然な感興を穏やかに表現することを望んだ。技術的には披麻皴(ひましゅん)(麻をほぐしたような柔らかい描線)を多く用い、色彩も軽やかなものが多い。
 そもそも南宗画・北宗画という分類は、絵画の分類を南頓北漸(なんとんほくぜん)と禅に見立てたり、南宗画の始祖に仏教に深く帰依(きえ)していた王維を持ち出してきたり、多分に恣意(しい)的な立論であるが、董其昌がその画論書を『画禅室随筆(がぜんしつずいひつ)』と名づけたように、董其昌自身禅に強い関心を寄せていたことにも一因がある。とにかく南宗画・北宗画の論が明代後期に出現して以来、その影響力は今日にまで及び、南宗画をよしとし北宗画を悪くみる、いわゆる「尚南貶北(しょうなんへんぼく)論」が一部の人々には根強く残っている。だが現在、この論が改めて検討される時期に達し、絵画史の認識も新しくなりつつある。なお、「南画(なんが)」と称するのは日本のみで、中国本土の南宗画を母体としつつも、その意味と形態の差でおのずから違ったものとなっている。[近藤秀実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の南宗画の言及

【山水画】より

…前者はその代表とされる戴進が杭州出身であったため,明代に入って浙派と称され,後者は沈周(しんしゆう)を始めとして主に蘇州出身の画家によって形成されたため,呉派と呼ばれ,あわせて明代絵画史を画する二大潮流をなした。明末に至って董其昌は禅の宗派にたとえて,浙派を唐の宗室画家の李思訓・李昭道父子に始まる北宗(ほくしゆう),呉派を盛唐の詩人でもあり文人画家でもある王維に始まる南宗(なんしゆう)とする南北二宗論を展開し,董源,巨然から米芾,米友仁,元の四大家を経て呉派文人画に至る,南宗画の正統を継承すると自負する自己の史的位置を,山水画の始源にまでさかのぼって確立しようとした。しかしながら,明末の時点ではすでに浙派に対する呉派文人画の勝利は決定的であり,華北と江南という地方性,文人画家か宮廷画家かといった階層性,そこから生じる表現上の相違などが複雑に交錯した,中国山水画における南北の対立と総合の図式は,華北と江南という枠組みが江南の中の浙派と呉派の対立というように集約され,さらに一方が他方に対して勝利を告げた明末のその時点で実質的に解消していたといってよい。…

【董源】より

…南唐の中主李璟に仕えて後苑(北苑)副使となり,宮廷画家として活躍した。山水画は水墨と着色をかき,北宋末期の米芾(べいふつ)が並びなき神品と絶賛して以来,名を高め,後世,南宗画(なんしゆうが)の事実上の開祖とされた。その画風は,江南の水気豊かな自然を,披麻皴(ひましゆん)(皴法)などにより柔らかく平淡にとらえ,伝称作品の《瀟湘図巻》(北京故宮博物院)にその一端がうかがえる。…

【南画】より

…日本において,南宗画(なんしゆうが),文人画とほぼ同義に用いられてきた語で,明らかに〈南宗画〉をいう言葉の略称であったと思われる。その起源は定かではなく,江戸時代にも用いられた例がなくはないが,特に大正以降,盛んに使われるようになった。…

【文人画】より

…董其昌の南北宗論は実は南宗正統画論であり,中国の絵画を南宗(なんしゆう)と北宗(ほくしゆう)の2様式に分け,李思訓・南宋院体・浙派と続く系譜を北宗,王維・董源・米芾・元末四大家・呉派の系譜を南宗とし,南宗の北宗に対する正統的優位を主張した。そして系譜をみてもわかる通り,南宗正統画は文人画でもあったのである(南宗画北宗画)。 こうして次の清朝はほとんど文人画一色と化し,四王呉惲(しおうごうん)の南宗正統画派,八大山人,石濤などの遺民画家,金陵派や新安派などの江南都市絵画,あるいは金農,鄭燮(ていしよう)などの揚州八怪が登場した。…

※「南宗画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南宗画の関連キーワード四王呉【うん】山口八九子田能村直入石川 柳城石濤・石涛姫島 竹外化政文化松林桂月岸浪柳渓望野香渓池上掃雨羽倉信充岡田蘇水八大山人河辺青蘭伊孚九披麻皴宗星石王翬王鑑

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android