抱擁反射(読み)ほうようはんしゃ(英語表記)clasping reflex

  • ほうようはんしゃ〔ハウヨウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カエルの繁殖期に現れる特有の脊髄反射。雌ガエルを抱擁する反射で,生殖行動基礎となる。胸部前肢腹面への接触刺激となり,触れたものに前肢で強くしがみつく。生殖期以外は,視葉にある抑制中枢で抑制されていて,繁殖期には,雄性ホルモンの分泌増加によって反射が出現すると考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android