コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押(し)角 オシガク

デジタル大辞泉の解説

おし‐がく【押(し)角】

木材で、4寸(約12センチ)角より小さい角材。押し。へしがく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の押(し)角の言及

【木材】より

…製材はまた用途によって,例えば柱角,土台角,母屋角(もやかく)などと呼ばれることがある。丸太をひき割っただけで両側に丸太の外側部分がついているものを耳付き材,正割りまたは正角に相当していても四面すべてにひき面が通っていないものを押角(バタ角),平角の幅の広いものを盤と呼ぶ。製材のうち構造用に使われるものを構造材,それ以外の比較的小径のものを羽柄材(はがらざい)と呼ぶこともある。…

※「押(し)角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

押(し)角の関連キーワード押し角・押角押し角木材