コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大角 だいかく

8件 の用語解説(大角の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大角
だいかく

うしかい座α星 (固有名アルクトゥールス ) の中国名。大角星ともいう。この呼び名は日本には推古時代に伝わったという説がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おお‐かく〔おほ‐〕【大角】

斧(おの)や手斧(ちょうな)で削っただけの山出しの角材で、30センチ角以上のもの。

だい‐かく【大角】

北斗七星の南東に橙色に輝く、牛飼い座のα(アルファ)星アルクトゥルスの中国名。麦星(むぎぼし)。

はら【大角】

はらのふえ」に同じ。
「―、小角(くだ)、鼓吹」〈天武紀〉

はら‐の‐ふえ【大角】

上代、戦場で吹き鳴らした角笛(つのぶえ)。獣の角に似た形のもの。はら。〈名義抄

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおかく【大角】

木材の素材の一。杣角そまかくの木口の幅が九寸(約27センチメートル)より大きいもの。杣大角。

だいかく【大角】

牛飼座アルファ星アクトゥルスの中国名。

はらのふえ【大角】

〔同じ物を唐で簸邏廻はらかいと呼んだのでこの名があるという〕
古く戦場で小角くだのふえとともに用いた角製の笛。はら。 〔和名抄〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大角の言及

【アークトゥルス】より

…アークトゥルスとは,ギリシア語のアルクトゥロスに由来し,〈熊の番人〉の意味である。中国名は大角。これは,さそり座を青竜と見て,その2本の角の一つとしたものである。…

※「大角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大角の関連キーワードキタイマラカイボ湖煎じ物同胞マラカイトゲイラカイト詰替える柔らかい志原海岸からかい煮

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大角の関連情報