大角(読み)だいかく

精選版 日本国語大辞典「大角」の解説

だい‐かく【大角】

[1] 〘名〙 四角形の折敷(おしき)の八寸四方の大きさのもの。
[2] (「たいかく」とも) 牛飼(うしかい)座のアルファアルクトゥルスの中国名。二十八宿中亢(こう)宿に属し、古くから方角や時間を知る目標となり、また、農業をつかさどる星とされた。
※暦象新書(1798‐1802)上「天狼・大角・織女の如きの恒星は」 〔史記‐天官書〕

はら【大角】

〘名〙 昔、軍用に吹き鳴らした楽器。「大角」の字はその形が獣角に似るからといい、「はら」の訓は唐の大角を「簸邏廻(はらかい)」といったのによるという。はらのふえ。
※書紀(720)天武一四年一一月(北野本訓)「大角(ハラ)小角(くた)鼓吹、幡旗、及び弩(おほゆみ)(いしはしき)の類は私の家に存(お)く応からず」

おお‐がく おほ‥【大角】

〘名〙
① 木材の製材規格。日本標準規格制度以前の尺度で、九寸角(約二七センチメートル角)以上をいう地方と、七寸角(約二一センチメートル角)以上をいう地方とがある。⇔押角(おしかく)。〔日本建築辞彙(1906)〕
② 銭一三二文をいう、昔の芝居社会の隠語。〔劇場新話(1804‐09頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大角」の解説

だい‐かく【大角】

北斗七星の南東橙色に輝く、牛飼い座のα(アルファ)星アルクトゥルスの中国名。麦星(むぎぼし)。

おお‐かく〔おほ‐〕【大角】

(おの)や手斧(ちょうな)で削っただけの山出しの角材で、30センチ角以上のもの。

はら‐の‐ふえ【大角】

上代、戦場で吹き鳴らした角笛(つのぶえ)。獣の角に似た形のもの。はら。〈名義抄

はら【大角】

はらのふえ」に同じ。
「―、小角(くだ)、鼓吹」〈天武紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大角の言及

【アークトゥルス】より

…アークトゥルスとは,ギリシア語のアルクトゥロスに由来し,〈熊の番人〉の意味である。中国名は大角。これは,さそり座を青竜と見て,その2本の角の一つとしたものである。…

※「大角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android