押込隠居(読み)おしこめいんきょ

精選版 日本国語大辞典の解説

おしこめ‐いんきょ【押込隠居】

〘名〙 江戸時代、親権者、後見人、親族などが集まって評議した上で、当主を強制的に隠居させること。また、そのようにして隠居させられた人。
※歌舞伎・五大力恋緘(1793)一幕「あなた様と一緒に押込隠居」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android