コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

招かれざる客 マネカレザルキャク

デジタル大辞泉の解説

招(まね)かれざる客(きゃく)

歓迎されない。迷惑な客。

まねかれざるきゃく【招かれざる客】

笹沢左保の長編推理小説。昭和34年(1959)の第5回江戸川乱歩賞に「招かざる客」の題名で応募、最終候補作となる。改稿改題を経て昭和35年(1960)に出版、著者のデビュー作となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

招かれざる客

1967年製作のアメリカ映画。原題《Guess Who's Coming to Dinner?》。監督:スタンリー・クレイマー、出演:スペンサー・トレーシー、キャサリン・ヘプバーン、シドニー・ポワチエほか。第40回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同主演女優賞(キャサリン・ヘプバーン)、脚本賞受賞。

招かれざる客

英国の作家アガサ・クリスティによる推理劇(1958)。原題《The Unexpected Guest》。1999年チャールズ・オズボーンにより小説化。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

まねかれざるきゃく【招かれざる客】

歓迎されない客。迷惑な客。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

招かれざる客の関連情報