コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹沢左保 ササザワサホ

3件 の用語解説(笹沢左保の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ささざわ‐さほ〔ささざは‐〕【笹沢左保】

[1930~2002]小説家。神奈川の生まれ。本名、勝(まさる)。処女長編「招かれざる客」で注目され、「人喰い」で日本探偵作家クラブ賞(現、日本推理作家協会賞)受賞。「木枯し紋次郎シリーズはテレビドラマ化された。本格推理小説から時代小説まで、幅広く活躍。平成12年(2000)日本ミステリー文学大賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笹沢左保 ささざわ-さほ

1930-2002 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和5年11月15日生まれ。笹沢美明(よしあき)の3男。昭和35年「招かれざる客」で注目され,36年「人喰い」で日本探偵作家クラブ賞。本格推理小説から風俗小説の分野にも手をひろげる。46年「木枯し紋次郎」のシリーズを開始。平成12年日本ミステリー文学大賞。平成14年10月21日死去。71歳。神奈川県出身。関東学院高等部卒。本名は勝。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笹沢左保
ささざわさほ
(1930―2002)

小説家。本名勝。横浜生まれ。関東学院中等部を卒業後、郵政省簡易保険局に勤務。1960年(昭和35)処女長編『招かれざる客』を刊行。構成の優れた本格推理小説として好評を博す。同年、炭鉱争議の組合分裂をテーマにした『人食い』で日本探偵作家クラブ賞を受賞、作家生活に入る。70年からは木枯し紋次郎をヒーローとする股旅(またたび)小説にも手を染め、巌流(がんりゅう)島の決闘以後の宮本武蔵(むさし)を描いた大河時代小説『宮本武蔵』全8巻も発表している。[厚木 淳]
『『笹沢左保選集』全6巻(1965・芸文社) ▽『木枯し紋次郎』全15巻(光文社文庫) ▽『宮本武蔵』全8巻(文春文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笹沢左保の関連キーワード山岸純荒川幾男石崎宏矩内山秀夫高月清田沢仁花見忠福田紀一吉田鎮雄吉野良彦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笹沢左保の関連情報