コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹沢左保 ササザワサホ

デジタル大辞泉の解説

ささざわ‐さほ〔ささざは‐〕【笹沢左保】

[1930~2002]小説家。神奈川の生まれ。本名、勝(まさる)。処女長編「招かれざる客」で注目され、「人喰い」で日本探偵作家クラブ賞(現、日本推理作家協会賞)受賞。「木枯し紋次郎」シリーズはテレビドラマ化された。本格推理小説から時代小説まで、幅広く活躍。平成12年(2000)日本ミステリー文学大賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笹沢左保 ささざわ-さほ

1930-2002 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和5年11月15日生まれ。笹沢美明(よしあき)の3男。昭和35年「招かれざる客」で注目され,36年「人喰い」で日本探偵作家クラブ賞。本格推理小説から風俗小説の分野にも手をひろげる。46年「木枯し紋次郎」のシリーズを開始。平成12年日本ミステリー文学大賞。平成14年10月21日死去。71歳。神奈川県出身。関東学院高等部卒。本名は勝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笹沢左保
ささざわさほ
(1930―2002)

小説家。本名勝。横浜生まれ。関東学院中等部を卒業後、郵政省簡易保険局に勤務。1960年(昭和35)処女長編『招かれざる客』を刊行。構成の優れた本格推理小説として好評を博す。同年、炭鉱争議の組合分裂をテーマにした『人食い』で日本探偵作家クラブ賞を受賞、作家生活に入る。70年からは木枯し紋次郎をヒーローとする股旅(またたび)小説にも手を染め、巌流(がんりゅう)島の決闘以後の宮本武蔵(むさし)を描いた大河時代小説『宮本武蔵』全8巻も発表している。[厚木 淳]
『『笹沢左保選集』全6巻(1965・芸文社) ▽『木枯し紋次郎』全15巻(光文社文庫) ▽『宮本武蔵』全8巻(文春文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

笹沢左保の関連キーワード帰って来た木枯し紋次郎女無宿人・半身のお紺お助け同心が行く!宮本武蔵夏樹静子三日月村

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笹沢左保の関連情報