コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拡張仮想8086モード かくちょうかそうはちまるはちろくもーど

1件 の用語解説(拡張仮想8086モードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

拡張仮想8086モード

P5 Pentiumで初めて導入された、新たなCPUの動作モード。Pentiumチップマニュアル中でもその機能は明らかにされていない。以前の仮想8086モードでは、割り込みや特定の命令(特にCLISTI)を実行するたびに仮想8086モニタへのタスクスイッチが発生していたが、仮想8086モードが一般的となった今日ではそのオーバーヘッドは無視できないものとなっていた。拡張仮想8086モードは無用なタスクスイッチを減らし、オーバーヘッドを減少させるためのモードである。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拡張仮想8086モードの関連キーワードハイパーチャージフェルミ相互作用リプレイ・システム修士DSTドブロイ波エクストラクラスト川畑指数町議報酬の日当制新都心・幕張線の連節バス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone