オーバーヘッド

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オーバーヘッド

何かを処理するとき、システムやプロトコルの処理の負荷。サーバーやネットワーク機器などのハードウェアの処理能力や、OSなどのシステムソフトウェアの性能など、個々の性能によって、システム全体にかかる負荷に対して用いられる。通信の場合、実際にデータを転送する時間に加えて、相手先の受信確認や再送信などの時間がかかる。この余分な作業をオーバーヘッドという。本来の処理に加えて、余分にかかる負荷のことを指す言葉で、オーバーヘッドはできるだけ小さいことが望ましい。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オーバーヘッド(overhead)

頭上にあること。頭上を通ること。「オーバーヘッドマイク」「オーバーヘッドキック
間接費の意から》コンピューターで、ある処理を実行する際に発生する付加的な作業とそれにかかる時間のこと。ふつう、システム全体の負荷になるものを指す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

DBM用語辞典の解説

オーバーヘッド【overhead】

販売される商品やサービスに直接、関わることのない、業務を行う上での間接費用。例えば、工場で働く人たちの賃金や製品材料費は直接費用。電気代、保険料、従業員の福利厚生費などはオーバーヘッド費用である。正しくはオーバーヘッド・エクスペンス(overheadexpense)。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

オーバーヘッド【overhead】

コンピューターで、利用しているプログラムの作業に直接は関係のない処理。ハードウエア制御やプログラム管理などに要する処理。
間接費。オーバーヘッド-コスト。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オーバーヘッドの関連情報