コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペンティアム Pentium

翻訳|Pentium

5件 の用語解説(ペンティアムの意味・用語解説を検索)

パソコンで困ったときに開く本の解説

ペンティアム

⇨Pentium

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
パソコンで困ったときに開く本について | 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ペンティアム

Pentium」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ペンティアム【Pentium】

1993年にインテルが発表したマイクロプロセッサーの製品名、および派生製品のブランド名。同社の32ビットマイクロプロセッサーi486の後継として開発され、x86シリーズの第5世代にあたる。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペンティアム
ぺんてぃあむ
Pentium

インテルが提供したCPU中央処理装置)の名称、およびその後継CPUのブランド名。インテルが開発したx86または80x86系とよばれるアーキテクチャー基本設計概念)に含まれる。
 i486という型番のCPUの次世代製品として1993年に発表されたが、インテルのプロセッサーとしては第5世代にあたり、「5」を意味する「Penta」を用いた名前がつけられた。それまでの製品は、数字やアルファベットなどを組み合わせた型番で表していたが、ペンティアム以後は固有の名称がつけられるようになった。
 ペンティアム・シリーズはPentiumから始まり、その後もPentium 、Pentium Pro、Pentium 、Pentium 4、ノートパソコン向けのPentium Mなど、機能強化をしながら長く使われるブランドになった。その後インテルでは、2006年に新ブランド名としてコアCoreを発表している。しかし2011年時点でも、ベーシックなコンピューティング向けプロセッサーとして、ペンティアムプロセッサーは提供され続けている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ペンティアムの関連キーワードOverDrive ReadyソケットAMD-K66x86MX440BX440FXSocket 5440GXXeonTCPPentium 4

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone