コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペンティアム Pentium

翻訳|Pentium

デジタル大辞泉の解説

ペンティアム(Pentium)

米国インテル社が開発した32ビットマイクロプロセッサーの製品名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ペンティアム

Pentium」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ペンティアム【Pentium】

1993年にインテルが発表したマイクロプロセッサーの製品名、および派生製品のブランド名。同社の32ビットマイクロプロセッサーi486の後継として開発され、x86シリーズの第5世代にあたる。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペンティアム
ぺんてぃあむ
Pentium

インテルが提供したCPU(中央処理装置)の名称、およびその後継CPUのブランド名。インテルが開発したx86または80x86系とよばれるアーキテクチャー(基本設計概念)に含まれる。
 i486という型番のCPUの次世代製品として1993年に発表されたが、インテルのプロセッサーとしては第5世代にあたり、「5」を意味する「Penta」を用いた名前がつけられた。それまでの製品は、数字やアルファベットなどを組み合わせた型番で表していたが、ペンティアム以後は固有の名称がつけられるようになった。
 ペンティアム・シリーズはPentiumから始まり、その後もPentium 、Pentium Pro、Pentium 、Pentium 4、ノートパソコン向けのPentium Mなど、機能強化をしながら長く使われるブランドになった。その後インテルでは、2006年に新ブランド名としてコアCoreを発表している。しかし2011年時点でも、ベーシックなコンピューティング向けプロセッサーとして、ペンティアムプロセッサーは提供され続けている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ペンティアムの関連キーワードPentium Processor with MMX TechnologyMMX Technology Pentium ODPPentium ODP for Intel 486Pentium ODP for PentiumOverDrive Readyソケットフロントサイド/バックサイドインテル(半導体メーカー)MMX PentiumSocket 423Pentium IISocket 478TillamookmicroPentium 4Socket 5NetBurstSocket 7SmartDieSocket 4Socket 8

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android