コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拡散型トランジスタ かくさんがたトランジスタdiffusion type transistor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拡散型トランジスタ
かくさんがたトランジスタ
diffusion type transistor

トランジスタを製法により分類した名称の一つ。p-n接合の形成に不純物拡散を用いてつくられたトランジスタをいい,現在の接合型トランジスタの主流である。この方法ではベース内に不純物の密度分布をつくることができ,これがベース内での少数キャリアの走行速度を速める役割を果すので,高周波用トランジスタが製作できる。メサ型,プレーナ型があるが,プレーナ型はシリコンに限られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

拡散型トランジスタの関連キーワード合金接合型トランジスタ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android