コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拾塊集 しゅうかいしゅう

1件 の用語解説(拾塊集の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうかいしゅう【拾塊集】

羽黒の修験道の歴史,代表的人物,のことなどをきわめて簡単に記した書物。上下2巻から成り,上巻は〈修験用心略記〉以下14項目,下巻は〈夏一職ノ事〉ほか17項目を挙げている。羽黒山荒沢寺に,元亀年中(1570‐73)に清順が本社の記録箱からこの本を持ちだし,米沢にあったのを祐仙が書写した,という識語と,喜楽院所持の古写本を清海が書写して世に広めた,という跋のある本がある。内容から想像すると,天宥が1649年(慶安2)に一山の長老と共同で編集した《羽黒山七部集》のあとに成立したものと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

拾塊集の関連キーワード修験者煙霞の痼疾霞の衣霞の洞験者修験修験宗書史羽黒派彭祖

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone