コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拾塊集 しゅうかいしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうかいしゅう【拾塊集】

羽黒の修験道の歴史,代表的人物,のことなどをきわめて簡単に記した書物。上下2巻から成り,上巻は〈修験用心略記〉以下14項目,下巻は〈夏一職ノ事〉ほか17項目を挙げている。羽黒山荒沢寺に,元亀年中(1570‐73)に清順が本社の記録箱からこの本を持ちだし,米沢にあったのを祐仙が書写した,という識語と,喜楽院所持の古写本清海が書写して世に広めた,というのある本がある。内容から想像すると,天宥が1649年(慶安2)に一山長老と共同で編集した《羽黒山七部集》のあとに成立したものと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android