コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽黒 はぐろ

4件 の用語解説(羽黒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羽黒
はぐろ

山形県西部,鶴岡市北東部の旧町域。庄内平野の南端に位置する。 1955年広瀬村,泉村,手向村が合体し町制施行。 2005年鶴岡市,藤島町,櫛引町,朝日村,温海町の5市町村と合体して鶴岡市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

羽黒
はぐろ

妙高型重巡洋艦」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羽黒
はぐろ

山形県北西部、東田川郡にあった旧町名(羽黒町(まち))。現在は鶴岡(つるおか)市羽黒町で、市の東部を占める。旧羽黒町は、1955年(昭和30)手向(とうげ)、広瀬、泉(いずみ)の3村が合併して成立。2005年(平成17)藤島、櫛引(くしびき)、温海(あつみ)の3町および朝日村とともに鶴岡市に合併。地域はほぼ南北に細長く、南部の月山山麓(がっさんさんろく)の丘陵地から泥流地形の羽黒台地、笹川扇状地と北西に傾斜し沖積平野となる。ほぼ中央部を笹川(藤島川)が貫流する。農業が中心で、水稲のほか庄内ガキの栽培や肉牛飼育が行われる。中心地区の手向は、中世以来山岳修験(しゅげん)で栄えた出羽(でわ)三山の中心羽黒山の門前集落として発達し、いまも宿坊が多く出羽三山参詣(さんけい)の基地となっている。羽黒山頂には三神合祭殿及び鐘楼(国指定重要文化財)などのほか、休暇村羽黒やスキー場、キャンプ場も開設され、年間120万人に上る観光客がある。[中川 重]
『『羽黒町史』全3巻(1991~1996・羽黒町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

羽黒の関連情報