コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清海 せいかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清海 せいかい

?-1017 平安時代中期の僧。
法相(ほっそう)宗。大和(奈良県)興福寺にまなび,のち同国の超昇寺にうつる。浄土教を信仰し,長徳2年(996)みずから感得した浄土をえがいた「清海曼荼羅(まんだら)」をつくる。これは当麻(たいま)曼荼羅,智光曼荼羅とならぶ浄土三曼荼羅の一つ。寛仁(かんにん)元年10月7日死去。常陸(ひたち)(茨城県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の清海の言及

【超昇寺】より

…平城天皇の皇子高丘(たかおか)親王(出家して法名を真如(しんによ)という)が,835年(承和2)楊梅(やまもも)宮の跡地をたまわって創建した。10世紀の末,興福寺の清海がこの寺に住み,7日間の大念仏(超昇寺大念仏)を始め,極楽浄土の曼荼羅をえがいた。これを〈清海曼荼羅〉といい,日本の浄土三曼荼羅の一つに数えられている。…

※「清海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清海の関連キーワード江戸太夫藤十郎(2代)清元延寿太夫(1世)十寸見藤十郎(2代)十勇士(真田十勇士)清元延寿太夫(初代)セウォル号沈没事件ニンジャイエロー青海波(雅楽)三好伊三入道清元延寿太夫浄土教美術浄土曼荼羅セウォル号真田十勇士兼崎健太郎浄土変相猿飛佐助三好政康張保皋清元節

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清海の関連情報