コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

識語 シキゴ

デジタル大辞泉の解説

しき‐ご【識語】

写本・刊本などで、本文のあと、または前に、書写・入手の由来年月などを記したもの。特に、後人の書き加えたものをいう。しご。

し‐ご【識語】

しきご(識語)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しきご【識語】

写本や刊本などで,後から余白に書き加えた語や文章のこと。その書物の入手,書写などの来歴を,普通は署名を付して,本文の後に記すことが多いが,本文の前,あるいは文中のこともある。書物の系譜・由来を知るうえの手がかりとなる。したがって,跋文(ばつぶん)や奥書(おうしよ),刊記(かんき)(奥付)のように書写・開板時に記すものとは異なる。【編集部】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しきご【識語】

写本・刊本などで、本文の前またはあとに、その本の来歴や書写の年月・氏名などを記したもの。しご。

しご【識語】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

識語の関連キーワード式・織・職・色・識金光明最勝王経音義新古今和歌集屛風土代斎部浜成拾塊集真曲抄字鏡集手識本道元氏名写本落款月江低書成俊

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android