コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

識語 シキゴ

5件 の用語解説(識語の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しき‐ご【識語】

写本・刊本などで、本文のあと、または前に、書写・入手の由来や年月などを記したもの。特に、後人の書き加えたものをいう。しご。

し‐ご【識語】

しきご(識語)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しきご【識語】

写本や刊本などで,後から余白に書き加えた語や文章のこと。その書物の入手,書写などの来歴を,普通は署名を付して,本文の後に記すことが多いが,本文の前,あるいは文中のこともある。書物の系譜・由来を知るうえの手がかりとなる。したがって,跋文(ばつぶん)や奥書(おうしよ),刊記(かんき)(奥付)のように書写・開板時に記すものとは異なる。【編集部】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しきご【識語】

写本・刊本などで、本文の前またはあとに、その本の来歴や書写の年月・氏名などを記したもの。しご。

しご【識語】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

識語の関連情報