コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

識語 シキゴ

世界大百科事典 第2版の解説

しきご【識語】

写本や刊本などで,後から余白に書き加えた語や文章のこと。その書物の入手,書写などの来歴を,普通は署名を付して,本文の後に記すことが多いが,本文の前,あるいは文中のこともある。書物の系譜・由来を知るうえの手がかりとなる。したがって,跋文(ばつぶん)や奥書(おうしよ),刊記(かんき)(奥付)のように書写・開板時に記すものとは異なる。【編集部】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しきご【識語】

写本・刊本などで、本文の前またはあとに、その本の来歴や書写の年月・氏名などを記したもの。しご。

しご【識語】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

識語の関連情報