コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拾芥記 しゅうがいき

1件 の用語解説(拾芥記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうがいき【拾芥記】

室町時代末期の公家,儒学者菅原(五条)為学の日記。2巻。異称は《為学卿記》《五条為学記》《為記》。1484年(文明16)から1521年(大永1)にわたるが,1490年(延徳2)までは自身の学歴,菅原氏の内部事情などを主としたものである。それ以後は日次記の体裁をとり,簡単な記述ではあるが,当時の朝廷と幕府の動向,京都の社会情勢などを示している。《改定史籍集覧》所収。【小泉 宜右】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

拾芥記の関連キーワード国役薩戒記菅家遺誡菅原堂上明珍吉田流青公家意雲竹屋兼俊

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone