コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拾芥記 しゅうがいき

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうがいき【拾芥記】

室町時代末期の公家,儒学者菅原(五条)為学の日記。2巻。異称は《為学卿記》《五条為学記》《為記》。1484年(文明16)から1521年(大永1)にわたるが,1490年(延徳2)までは自身の学歴,菅原氏の内部事情などを主としたものである。それ以後は日次記の体裁をとり,簡単な記述ではあるが,当時の朝廷と幕府の動向,京都の社会情勢などを示している。《改定史籍集覧》所収。【小泉 宜右】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android