コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持明院基家 じみょういん もといえ

1件 の用語解説(持明院基家の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

持明院基家 じみょういん-もといえ

1132-1214 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
長承元年生まれ。大蔵卿藤原通基の子。母は大蔵卿源師隆の娘。能登守(のとのかみ),美作(みまさかの)守,左近衛(さこんえの)中将などを歴任。承安(じょうあん)2年従三位。権(ごんの)中納言となり,建久元年正二位。建仁(けんにん)元年出家。家名は邸内の持仏堂持明院に由来する。建保(けんぽ)2年2月26日死去。83歳。法名は真智。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の持明院基家の言及

【持明院家】より

…藤原氏北家の流れ。中御門庶流。家格は羽林家。藤原道長の子右大臣頼宗の孫基頼を祖とする。家名は,基頼が邸宅内に建立した持仏堂を持明院と名づけたのに由来し,その子通基は,これを改めて安楽行院としたが,持明院を家号とした。通基の子基家は,その女が後高倉院の妃となり,後堀河天皇の生母であったことから,外祖父として基家の父祖が昇進できなかった中納言に昇り,代々これを先途とした。江戸時代の初め,承嫡の者がなく家名断絶の危機に見舞われるが,徳川家の家臣の子大沢基定を入れて家名を継承した。…

※「持明院基家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

持明院基家の関連キーワード大宮局惟宗俊海定兼宅磨為久如来尼本田次郎正恒(2)頼円(2)頼成

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone