長承(読み)チョウショウ

大辞林 第三版の解説

ちょうしょう【長承】

年号(1132.8.11~1135.4.27)。天承の後、保延の前。崇徳すとく天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ちょうしょう【長承】

日本の元号(年号)。平安時代の1132年から1135年まで、崇徳(すとく)天皇の代の元号。前元号は天承(てんしょう)。次元号は保延(ほうえん)。1132年(天承2)8月11日改元。疾疫、怪異を理由に行われた(災異改元)。『史記(しき)』を出典とする命名。長承年間は、崇徳天皇の父の鳥羽(とば)上皇による院政が行われていた。鳥羽上皇は、1129年(大治(たいじ)4)の白河(しらかわ)法皇の崩御後に院政を引き継ぎ、朝廷の実権を握った。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android