コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長承 チョウショウ

大辞林 第三版の解説

ちょうしょう【長承】

年号(1132.8.11~1135.4.27)。天承の後、保延の前。崇徳すとく天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ちょうしょう【長承】

日本の元号(年号)。平安時代の1132年から1135年まで、崇徳(すとく)天皇の代の元号。前元号は天承(てんしょう)。次元号は保延(ほうえん)。1132年(天承2)8月11日改元。疾疫、怪異を理由に行われた(災異改元)。『史記(しき)』を出典とする命名。長承年間は、崇徳天皇の父の鳥羽(とば)上皇による院政が行われていた。鳥羽上皇は、1129年(大治(たいじ)4)の白河(しらかわ)法皇の崩御後に院政を引き継ぎ、朝廷の実権を握った。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

長承の関連キーワード藤原忻子(1)美濃局(1)源基子(1)侚子内親王長円(2)禧子内親王道恵法親王覚快法親王善子内親王澄豪(1)鎌田正清妻怡子内親王円行(2)佐竹昌義安田義定鳥羽上皇災異改元藤原忻子三条公教藤原公保

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android