耶律大石(読み)やりつだいせき

デジタル大辞泉の解説

やりつ‐たいせき【耶律大石】

[?~1143]カラキタイ西遼)の初代皇帝。在位1132~1143。字(あざな)は重徳。廟号(びょうごう)は徳宗王族の出身。遼がの攻撃を受けると外モンゴルに逃れ、のち西進して制圧、1132年カラハン朝を倒し、フス‐オルダ(ベラサグン)で即位。さらに東西トルキスタンを制圧。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やりつだいせき【耶律大石 Yē lǜ Dà shí】

1087‐1143
中央アジアのカラ・キタイ(西遼)の建国者。在位1132‐43年。〈やりつたいせき〉とも呼ぶ。遼朝の王族の出身。12世紀初頭,遼が金の攻撃を受けて滅亡にすると,200人のキタイ人とともに自立してモンゴリアに赴く。しかしここにも金の支配権が及び始めたため,1129年ころこの地を去って中央アジアに向かい,1132年にはベラサグンに姿を現し,この地の支配者であったカラ・ハーン朝の君主を退け,自らグル・ハーン(〈大ハーン〉)と号して新国家を建設。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やりつたいせき【耶律大石】

1087~1143) 西遼せいりようの建国者(在位1132~1143)。字あざなは重徳、廟号は徳宗。遼の王族の子孫。遼が金に滅ぼされると、自立して西進、東カラハン朝を滅ぼしてその領土を支配し、1132年皇帝に即位。さらに東西トルキスタンを領有した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

耶律大石
やりつたいせき
(?―1143)

中央アジア、カラ・キタイ(西遼(せいりょう))の初代皇帝(在位1132~43)。字(あざな)は重徳、廟号(びょうごう)は徳宗。遼の太祖耶律阿保機(あぼき)の8世の子孫。1124年遼が金(きん)の攻撃を受けると、外モンゴル高原に北走し、のち西進して32年にチュー河畔のベラサグンで即位、延慶と建元し、グル・ハンと称し、天祐(てんゆう)皇帝と号した。41年セルジューク朝のスルタン、サンジャルの率いるイスラム連合軍をサマルカンド近辺で破り、トランスオクシアナに対するカラ・キタイの支配権を確立。のちホラズム(フワーリズム)・シャー朝を服属させた。[護 雅夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

やりつ‐だいせき【耶律大石】

中央アジア、西遼(カラ‐キタイ)国の初代皇帝(在位一一三二‐四三)。廟号は徳宗。耶律阿保機(やりつあぼき)の八代の孫。遼国滅亡後トルキスタンのウイグル族を征服し、ベラサグンで即位し、そこをフスオルダと改称して都に定めた。(一〇八七‐一一四三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の耶律大石の言及

【カラ・キタイ】より

…西遼ともいう。中国の一部をも領有した遼王朝の王族の出身者である耶律大石(やりつだいせき)が1132年,東カラ・ハーン朝の首都ベラサグンを占領して建国。1141年には,西カラ・ハーン朝とセルジューク朝の連合軍をサマルカンドの近郊に撃破して西トルキスタンをも支配下に収めた。…

※「耶律大石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android