持来(読み)もちきたす

精選版 日本国語大辞典の解説

もち‐きた・す【持来】

〘他サ五(四)〙 持って来るようにする。持って来させる。もたらす。
※愛弟通信(1894‐95)〈国木田独歩〉大連湾進撃「凡て戦争は寥落を持来たす」

もち‐きたり【持来】

〘名〙
① 持ってくること。運んできたもの。
※随筆・嗚呼矣草(1806)一「近世清土(から)より舶来(モチキタ)りの磁器(せともの)に、ジッキンといえる遊冶めける娼盞(さかづきぢょく)あり」
② 以前からあったもの。前から継続してあるもの。また、生まれつきのもの。〔和英語林集成(初版)(1867)〕

もち‐きた・る【持来】

〘他ラ四〙 運んで来る。持って来る。〔文明本節用集(室町中)〕

もって‐こい【持来】

〘形動〙 うまく適合しているさま。好都合なさま。あつらえむきだ。
※洒落本・卯地臭意(1783)「どうらくものの女房にゃアもってこいといふ女だよ」

もて‐・く【持来】

〘他カ変〙 持って来る。
催馬楽(7C後‐8C)紀の国「紀の国の 白良の浜に ま白良の浜に 降りゐる鴎 はれ その珠毛天己(モテコ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android