コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舶来 ハクライ

デジタル大辞泉の解説

はく‐らい【舶来】

[名](スル)外国から船によって運ばれてくること。外国から渡来すること。また、そのもの。「舶来のブランデー」「西洋から舶来した文物」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はくらい【舶来】

( 名 ) スル
外国から船に積んで運んでくること。また、運ばれてきた品。 「 -の香水」 「まだ練歯磨なんぞの-してゐなかつたその頃/雁 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

舶来の関連キーワード山口吉郎兵衛(初代)ピンからキリまで彼方織り・彼方織蒟醤手・蒟醬手ベク漆・可く漆オランダ渡り唐紅・韓紅ベンガラ糸呉絽服連ビードロ極古渡り宋元画舶来品今渡り唐物屋サルゼ猩猩緋兜羅綿唐の犬舶来種

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舶来の関連情報