舶来(読み)ハクライ

デジタル大辞泉の解説

はく‐らい【舶来】

[名](スル)外国から船によって運ばれてくること。外国から渡来すること。また、そのもの。「舶来のブランデー」「西洋から舶来した文物」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はくらい【舶来】

( 名 ) スル
外国から船に積んで運んでくること。また、運ばれてきた品。 「 -の香水」 「まだ練歯磨なんぞの-してゐなかつたその頃/雁 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はく‐らい【舶来】

〘名〙 外国から船にのせて来ること。外国から渡来すること。また、その品物や品種。舶載。舶齎(はくせい)
※随筆・東牗子(1803)二「寛文年中長崎へ黒船着岸す。〈略〉其時初而舶来(ハクライ)せし島の形故、黒船手と云へるを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舶来の関連情報